Ensemble Bach Home Page


楽曲解説


カンタータ147番 BWV147

心と口と行いと生活で

Herz und Mund und Tat und Leben

初演 1723年7月2日
編成 独唱 ソプラノ、テノール、バス、4声合唱
オーボエ2(オーボエ・ダモーレ、・ダカッチャ2持ち替え)、トランペット、ヴァイオリン1・2、ヴィオラ、通奏低音
用途 マリア訪問の祝日(7月2日)

有名な「主よ、人の望みの喜びよ」のコラールが登場するカンタータです。1716年、バッハはワイマールで待降節第四日曜日用に作曲をはじめましたが中断し、ライプツィヒに移ったのちに改作しました。第1部、第2部からなる大規模なカンタータです。

聖書句について

[ルカによる福音書のそれまでのあらすじ]
ザカリアとエリサベツの夫婦は老齢になるまで子供に恵まれずにいたのであきらめかけていましたが、ザカリアのもとに天使ガブリエルが現れ「エリサベツが子を産むのでヨハネと名づけなさい」と告げ、エリサベツは身ごもります。(生まれた子供は、のちに洗礼者ヨハネとなります)
さて、そののち同じように天使ガブリエルから受胎を告知された聖母マリアは、エリサベツの家を訪ねます。
[ルカによる福音書 1章39節から56節]●福音書として当日朗読される箇所
そのころ、マリアは立って、大急ぎで山里へむかいユダの町へ行き、ザカリアの家に入ってエリサベツに挨拶した。エリサベツがマリアの挨拶を聞いたとき、その子が胎内でおどった。エリサベツは聖霊に満たされ声高く叫んで言った、
「あなたは女の中で祝福されたかた、あなたの胎の実も祝福されています。主の母上が私のところに来てくださるとは、なんという光栄でしょう。ごらんなさい。あなたのあいさつの声が私の耳に入ったとき、子供が胎内で喜びおどりました。主のお語りになったことが必ず成就すると信じた女は、なんとさいわいなことでしょう」。
するとマリアは言った、
「私の魂は主をあがめ、私の霊は救い主なる神をたたえます。
この卑しい女をさえ、心にかけてくださいました。今からのち世々の人々は、私をさいわいな女というでしょう、力ある方がわたしに大きなことをしてくださったからです。
そのみ名はきよく、そのあわれみは、世々限りなく主をかしこみ恐れる者に及びます。
主はみ腕をもって力をふるい、心の思いのおごり高ぶるものを追い散らし、権力ある者を王座より引きおろし、卑しい者を引き上げ、飢えている者を良いもので飽かせ、富んでいる者を空腹のまま帰らせなさいます。
主は、あわれみをお忘れにならず、その僕(しもべ)イスラエルを助けてくださいました。
私たちの父祖アブラハムとその子孫とをとこしえにあわれむと約束なさったとおりに」。
マリアは、エリサベツのところに三ヶ月ほど滞在してから、家に帰った。

このときマリアの言った賛美の言葉「私の魂は主をあがめ〜」は、教会音楽の中でもよく作曲される「マニフィカート」です。バッハもたいへん美しい「マニフィカート」BWV243を残しています。

(以下の譜例をクリックすると出だしをmidiで聞くことができます)
また、をクリックすると、2002年11月のコンサートでの演奏を、MP3形式で聞くことができます。

第一部

第1曲 合唱 

編成:合唱(4声部)、オーケストラ、通奏低音
midiで出だしを聞く

トランペットの先導する主題に続いて、それとは異なる旋律で合唱が入ります。

歌詞大意
心と口と行いと生活で、キリストこそ神にして救い主であるという証をしなくてはならない。

第2曲 レチタティーヴォ 

編成:テノール、弦合奏、通奏低音
歌詞大意
マリアは感謝と賛美の言葉で真実を言い表した。

第3曲 アリア 

編成:アルト、オーボエ・ダモーレ、通奏低音
midiでさわりを聞く
歌詞大意
恥じることはない、魂よ、救い主を言い表す言葉を。

第4曲 レチタティーヴォ 

編成:パス、通奏低音
歌詞大意
かたくなな心は権力あるものを盲にし、主のみ腕は、その王座から引き落とす。しかし主のみ腕はまた、乏しい者を引き上げ、救いを施す。

第5曲 アリア 

編成:ソプラノ、独奏ヴァイオリン、通奏低音
midiで出だしを聞く
歌詞大意
イエスよ、道筋を作りたまえ。選びたまえ、信じる魂を。

第6曲 コラール合唱 

編成:合唱、オーケストラ、通奏低音
midiで出だしを聞く
歌詞大意
幸いなるかな、私はイエスを得た。イエスをなんと堅く抱きしめることか。

第二部

第7曲 アリア 

編成:テノール、通奏低音

歌詞大意
助けたまえ、イエスよ、信仰を不動のものとし、私の心を燃え立たせるように。

第8曲 レチタティーヴォ 

編成:アルト、オーボエ・ダカッチャ2、通奏低音
歌詞大意
全能のみ手は、隠れたところで業をなす。生まれ出る前にヨハネは喜び踊った。

第9曲 アリア 

編成:バス、トランペット、弦合奏、通奏低音
midiで出だしを聞く
歌詞大意
私はイエスの奇跡をほめ歌う。彼はこ私の弱い体と口を、聖なる火をもって力づけ、奮い立たせる。

第10曲 コラール合唱 

編成:合唱、オーケストラ、通奏低音
midiで聞く
歌詞大意
イエスはわが変わりなき喜び、ゆえに私はイエスを離さない。

ここをクリックすると、コラールの楽譜が表示されます。(PDFファイル/Adobe Acrobatが必要です)一緒にお歌いください。歌詞は第10曲の歌詞です。
ここをクリックすると、コラール部分だけをmidiで聞くことができます。